体型のコンプレックスとウェディングドレス

結婚式でウェディングドレスを着用するとなると、ドレスのデザインによりますが、お肌の露出や体のシルエットが非常に目立つようになります。
女性の多くは体型のコンプレックスなど、何かしらのコンプレックスを抱えている方が大半でしょう。
そして、身体のラインが出やすい服装を着こなせると、自信を持って言える女性は、ほとんどいないのではないでしょうか?

しかも、結婚式となると一生に一度の大切なもので、その記念写真はずっと残り続けるものです。
一生に一度の大舞台である結婚式で、体型が出やすいウエディングドレスを着るとなると、不安に思う方がほとんどでしょう。

「体型のコンプレックスとウェディングドレス」の続きを読む…

結婚式では欠かせないブーケの基礎知識

花嫁のウェディングドレスの小物の1つとして代表的なもの、まず最初に思い付くものと言えば、ブーケですよね。
一生に一度の結婚式ですからあなたに一番似合うドレスに合わせて、ぴったりのかわいいブーケを見つけたいと思う方も多いのではないでしょうか?

そんなブーケを選ぶ際に既製品等を選ぶのではなくて、フラワーコーディネーター等に相談して、あなたのために世界に一つだけのブーケを作ることもできます。
基本的にブーケは、ウエディングドレスに合わせたときの印象や全体的なバランスから選ばれるので、フラワーコーディネーターと打ち合わせをされる際にはあなたの要望をしっかりと伝えた上でブーケ選びを行うようにしましょう。
ブーケトスは、女性ゲストの中には、楽しみにしている方もいるでしょうから、是非かわいいブーケを作成して会場を盛り上げましょう。

「結婚式では欠かせないブーケの基礎知識」の続きを読む…

花嫁にとって大切なウエディングドレス選びと試着の基礎知識

一生に一度の結婚式、小さい頃から憧れた大舞台を前にドレスの準備はお済みでしょうか?
人生にとって大事な日なので、あなたにとって一番似合う最高のウェディングドレスを着用して、一番美しい姿をゲストの方に披露したいですよね。

ですが、いざこれから花嫁準備を始めようという際に、ウェディングドレスについての知識がなければ不安になってしまいます。
そんな花嫁のために今回はウェディングドレスを選んだり、試着したりする際の基礎知識をまとめました。
花嫁になる皆さん達のドレス選びの参考になればと思います。

 

ウエディングドレス選びを始める時期はいつ頃?

皆さんは一般的なウェディングドレスの試着のタイミングについてご存知でしょうか?
そもそも、結婚式を行うにあたり、まずは会場を決定しなければなりません。
また会場選びだけでなく披露宴の演出や食事内容、おもてなし等、決めなくてはならないことがたくさんあります。

そんな中で、ドレスの試着を行うタイミングは挙式より1年前から半年前が一般的です。
仕事の都合でウェディングドレスの試着にかける時間が取りづらいという方にとっては、1年半前からゆっくり時間をかけてドレス選びを行うのもよいでしょう。

花嫁の中には急遽結婚が決まり、当日まで時間がないという方もいます。
事前に結婚式の時間がない方も1ヵ月~2ヶ月を切ってからドレス選びを始める花嫁も多いです。
時間を見つけ余裕がある際はドレスショップに足を運び、あなたにとって1番納得のいくウエディングドレスを選びましょう。

「花嫁にとって大切なウエディングドレス選びと試着の基礎知識」の続きを読む…

背中ニキビやシミに悩む花嫁さんのための背中エステの基礎知識

女性にとって一生に一度の結婚式、そして披露宴ですが美しい姿をゲストに披露するためにもあなたにいちばん合ったウェディングドレスを着て綺麗になりたいものです。

そんなウェディングドレスは、背中が大きく露出するタイプのものが多いですし、中には背中を全開で見せるタイプのものもあります。
ともかく、基本的に背中が出てるものが多いので背中のケアは必要不可欠です。

「背中ニキビやシミに悩む花嫁さんのための背中エステの基礎知識」の続きを読む…

ウェディングドレスの基礎知識【歴史・生地・手配方法】

ここでは、ウェディングドレスの日本における歴史や、記事について、手配方法についてなど、ウェディングドレスの基礎知識についてご紹介していきます。

 

日本におけるウェディングドレスの歴史

ウェディングドレスとは誰もが知っていると思いますがその名の通り、結婚式で花嫁が着用するドレスのことをいいます。
元々は糸や錦糸で作られ、そこに装飾をした贅沢で華やかなドレスが始まりといわれております。
一般的なウエディングドレスは白を基調としていますが、最近は花嫁の好きな色(ピンク・ブルー)等のウェディングドレスも着用されることが多くなり、今までの「ウェディングドレスは白」という一般的な考え方が変化しつつあります。

カラードレスに至っては、濃い色で派手なものよりも、うっすらとした淡い色が使われることの方が多いです。
そんなウェディングドレスが日本で普及し始めたのは1960年代と言われています。

しかし当時は派手なドレスを着用する文化が日本には根付いていなかったため、なかなか一般的なものにならなかったのです。
しかしながら高度経済成長後といえば、多くの方は生活に余裕ができるようになりました。
そうなると積極的に海外の文化などが日本に入り、白無垢などが今のウェディングドレスに変化しました。

「ウェディングドレスの基礎知識【歴史・生地・手配方法】」の続きを読む…